HOME > 横浜ブルワリーについて

横浜ブルワリーについて

横浜とビールの歴史

<横浜ビールスタイル>

ビールを様々なスタイルやジャンル形態にカテゴライズする事は出来る
だが・・・ビールとは本来、正解やきまりきったスタイルはないのではないか?
大切な事は「ビールを愉しむこと」
飲む人によってビールの感じ方、愉しみ方が違うのは当然のこと
人それぞれ自由なスタイルを持つべきである。
そして造り手もその時の気持ちや閃きひとつで飲みたいビール・造りたいビールは変化する
人が誰しも気持ちや感情を言葉や体で表現するように
その時の思いを僕たちは造り手としてビールで表現出来たら素敵だと思う。
きっとそれは難しいこと
だからこそビールはおもしろい、だからこそビールが好きだ。
そして・・・これからもビールを愉しむ。
それが横浜ビールスタイル

横浜ビールブルワ―のものづくりスピリット

横浜ビールブルワ―のものづくりスピリット

当醸造所では、ヘッドブルワーの感性に響いたスタイルを、横浜ビールならではのアレンジやテイストで皆様の心に響き・沁み込み・そして心が満たされるようなビール造りを目指しています。高品質でありながら、独自の個性を兼ね備えたビール造りをモットーとしブルワーがひとつひとつのビールに熱き想いを込めて醸造しています。

原料・素材のこだわり

原料・素材のこだわり

ビールの原材料はホップ・モルト・酵母・水と、いたってシンプル。 だからこそ造り手の想いと熟練した技術が大きく関わってきます。 素材に合わせた原料選びを行い、小麦や副原料のフルーツのほとんどは収穫まで一緒に携わっています、原料生産者とブルワ―の想いをのせて日々ビール造りを行い、地域に愛されるビールを多くの方に楽しんでいただきたいと思っています。</p>

瀬谷の小麦ビール・岩﨑農園・岩﨑さん

瀬谷の小麦ビール・岩﨑農園・岩﨑さん

横浜市瀬谷区で小麦がつくられていることをたくさんの人に知ってほしい

道志の湧水仕込・山梨県道志村・村民の方々

道志の湧水仕込・山梨県道志村・村民の方々

横浜の水源地 120年続く水を通じた物語

ドラゴンフルーツエール・小松ファーム・松本さん

ドラゴンフルーツエール・小松ファーム・松本さん

テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

綱島桃エール・ 綱島桃の創始家 ・池谷さん

綱島桃エール・ 綱島桃の創始家 ・池谷さん

幻の桃「日月桃」を栽培。綱島の桃の歴史を今に伝える