製造工程

1.モルトの粉砕

モルトの粉砕

原料となるモルトを粉砕機で粗挽きにします。

2.モルトの糖化

モルトの糖化

粉砕したモルトとお湯を混ぜて、糖化釜へ入れます。
モルトをお湯に浸すことで、デンプンを糖に変えます。 銘柄によってお湯の温度を変えます。お湯の温度によって、糖の種類も変わるのです。
この後の工程で、酵母がアルコールとCO2に分解する糖と、ビールに残る糖の2種類の糖ができあがります。

3.スパージング

スパージング

糖化釜の麦汁をろか槽に移し、ろか槽内の網目と、モルトの殻の天然のフィルターでろ過します。

4.煮沸

煮沸

冷却された麦汁に銘柄ごとに種類を変え、酵母を加えて発酵させます(発酵期間:1〜2週間)。酵母が前の工程で造った糖を食べ、アルコールとCO2を作り出します。

5.ワールプール

ワールプール

殺菌した麦汁をワールプール(ホップ分離釜)に移し、遠心分離により麦汁とホップのカスを分離します。
そして、100℃近い麦汁を熱交換器で冷却します。エール系なら20℃、ラガー系なら10℃程度まで温度を下げます。
この後の工程で酵母が元気に活動してくれるように酸素を送り込みます。
ここまでで仕込みは終了です。

6.発酵

発酵

ろ過した麦汁を90分ほど煮沸します。この時に、ホップも投入します。
銘柄によって、ホップの量と種類を変えます。煮沸することで、苦味を付け、殺菌します。

7.熟成

熟成

発酵を終えた若いビールを低温で熟成させます。ピルスナーや横浜ラガーなどのラガー系のビールは、底が円錐形をした熟成専用タンクへ移して熟成させます。
熟成が終わるとビールの完成です。