HOME > 活動・取組み・製品・メディア情報 > 横浜LAGERが横浜ビール20周年記念ラベルとなり限定出荷!

活動・取組み・製品・メディア情報

横浜LAGERが横浜ビール20周年記念ラベルとなり限定出荷!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜LAGERが横浜ビール20周年記念ラベルとなり限定出荷!

横浜ビール20周年のコンセプトやバックボーンが凝縮されたアートボトル!

1999年ビール文化発祥の地「横浜」にて誕生したクラフトビール「横浜ビール」が今年でおかげさまで20周年を迎えました。

この度、20周年企画の一つとして横浜ビールを代表する銘柄「横浜LAGER」が横浜ビール20th ANNIVERSARYラベルを装ったボトルで数量限定出荷いたします。

この記念ボトルはアートラベルとなっており、横浜を代表するペイントアーティスト「KENSUKE TAKAHASHI」が横浜ビール20周年を記念して描いたアート作品をラベルに配置しました。

20周年ラベル画像.jpg

ビール文化発祥の地、横浜としての歴史的背景や歴史的アート作品へのオマージュとして葛飾北斎風の波のうねりがなんとも大胆にビールを表現し、その垣間に描かれているのは現代の横浜を象徴するみなとみらいの風景や橋だったりする。

そして横浜の伝統と歴史に恥じないクォリティーと現代的な個性を兼ね備えたビール造りにてさらなる高みを目指す象徴として描かれたKINGの肖像。(横浜ビールのキャラクターとしてトランプのKING・QUEEN・JACKのモーチーフが今までに使用されている)
その肩口からは横浜ビールが横浜の街に注がれ浸透していくイメージを描き、もう一方の手には地域に根差す街のビール屋をイメージしたイカリ(碇)を握りしめる。
大きなうねりに立ち向かう帆船には横浜の方々へビールを届ける信念を表し、積み込まれたビールが昔ながらのビールと近代のビールというのも横浜という地域性や横浜のビール文化を面白く表現している。
空模様は雲かと思えば・・・神奈川県を模った空模様となっており、横浜の市鳥カモメが飛び交い、随所に横浜に対する地域愛を感じることが出来る作品に仕上がった。

20周年ラベルビール.png

2019年6月23日(日) 先行販売決定!

2019年6月24日(月)より順次工場出荷開始!
この20周年記念ボトルの制作本数は3000本限定とされ、先ずは6月23日(日)横浜ビール直営店「驛の食卓」にて開催される横浜ビール20周年イベントで先行販売され(税込み518円)、6月24日(月)より順次、工場出荷される。
3000本の工場出荷終了後は通常ラベルに戻る為、プレミア化必至の垂涎アイテムとなること間違いない!

横浜ビールファン、クラフトビールファンならずとも何としても入手したいアートボトルである。

尚ラベルの原画作品も6月23日(日)横浜ビール直営店「驛の食卓」で開催する
20周年記念イベント「CRFT FUSION」で展示致します。

IMG_7763.jpg

追記:ラベルが到着したので通常の横浜LAGERと限定ラベルの2ショット撮影!

右:通常ラベル 横浜LAGER

左:20周年記念限定アートラベル 横浜LAGER



 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加