HOME > 活動・取組み・製品・メディア情報 > 瀬谷の小麦栽培の取り組み<2020 麦踏み編>

活動・取組み・製品・メディア情報

瀬谷の小麦栽培の取り組み<2020 麦踏み編>

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
瀬谷の小麦栽培の取り組み<2020 麦踏み編>
横浜ビールが取り組む瀬谷区の小麦栽培
今年も無事!「麦踏み」作業完了!!

横浜市瀬谷区で唯一小麦を栽培されている岩﨑農園にて
岩﨑さんの瀬谷の小麦、「麦踏み」を行いました!
横浜ビールスタッフに加えて、横浜国立大学、横浜市立大学の学生達も参加してくれました。
毎回、関わる方がが増えていくのも嬉しいですね。


畑に到着すると・・・
昨年12月に種まきを行った小麦が元気に育っていました!
IMG_0495.jpg

小麦を育てる過程の一つ「麦踏み」はとても大切な作業のひとつです。
冬の寒い時期は霜も降りますので、根が土から離れてしまうこともあります。

麦を踏む事によってしっかり、土に根付かせるのです。
また踏むことにより生命力を引き出し、強く元気に育ってくれるのです!

1歩1歩・・・
自分たちの足で・・・
元気に育ち、美味しいビールになりますように!
と願いながら!
気持ちを込めて踏みしめます!
IMG_0490.jpg
IMG_0494.jpg

毎年毎年、「種まき~収穫まで」半年以上に渡って小麦の栽培に携わらせて頂けることは
横浜ビールのスタッフにとっては貴重な経験という大きな足跡になります。

2020麦踏み足跡.jpg

毎回、醸造スタッフも参加していますのでビール造りにも当然大きな思い入れを持つことが出来ます!

これが大事!

生産者の岩﨑さんに感謝です。

6月の収穫までにまた、畑に行きお手伝いをさせて頂く予定です。

3月4月には「土寄せ」作業があります!
4月に青々と大きく育ち
5月に黄金色に!
この経過を見ていく事も楽しみのひとつ!
そして6月に収穫です!

毎年、横浜ビールは瀬谷の小麦栽培の全てに関わらせて頂いています!

収穫された小麦は直営店のオリジナルのパスタやピザやビールぱんに!
そして「瀬谷の小麦ビール」新麦仕込みバージョンは8月頃に提供できる予定!🍺

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加