HOME > 活動・取組み・製品・メディア情報 > 「みなと総合高等学校」の授業「総合的な探究の時間」にて「横浜ビール」が三年生グループの方が企画された「シャッターを閉めさせない。」について一緒に取り組みました。

活動・取組み・製品・メディア情報

「みなと総合高等学校」の授業「総合的な探究の時間」にて「横浜ビール」が三年生グループの方が企画された「シャッターを閉めさせない。」について一緒に取り組みました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「みなと総合高等学校」の授業「総合的な探究の時間」にて「横浜ビール」が三年生グループの方が企画された「シャッターを閉めさせない。」について一緒に取り組みました。
実際に、直営レストラン「驛(うまや)の食卓」のメニューを試食頂き、SNSを通して魅力を伝える縦型動画を制作頂いたのでご覧下さい

「横浜ビール」Instagramリールよりご覧頂けます

以下、グループメンバーの皆さまよりコメントです!

①「総合的な探究の時間」とは?
「みなと総合高等学校」は、2年生の時からこの授業でSDGsについて研究をしています。3年生では、SDGsに関連した身近な地域課題をグループで研究し、発表をします。
 
②取り組んだテーマ「シャッターを閉めさせない。」について
コロナの影響で経営が困難になった近くのお店や中華街の様子を目の当たりにしました。閉店(シャッターを閉める)をしてほしくなかったので、私達にも売上や客数増加に貢献できることを考えました。
 
③メッセージ
横浜ビールさんは、お料理だけでなくお店の内装も含め全体的に写真映えするようなおしゃれ感があり、若者が好きそうな感じでした。
どのメニューも全てボリューム満載で食後の満足感が高く、とても美味しかったです。休業中のお店を私達のためにわざわざ開けていただき、美味しいご馳走をたくさん作っていただき、本当にありがとうございました!

243334905_4713885235313086_7113470377004315417_n.jpg
243065238_4713885238646419_1352261865677315156_n.jpg
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加